コンピュータがひどく遅くなり、フリーズし、頻繁に電話を切る場合は、コンピュータのディスク使用量が多いことを扱っている可能性があります。 Windows 10で100%のディスク使用量を修正する手順を以下に示します。

Windows 10での100%ディスク使用量

通常、Windows 10でディスクを100%使用すると、コンピューターで開いているプログラムがほとんどない場合でも、コンピューターの速度が大幅に低下します。

確認するには、[スタート]ボタンを右クリックして、[タスクマネージャー]を選択します。 WinXメニューで。 タスクマネージャ画面で、[プロセス]タブに切り替えて、[ディスク]列を確認します。

Windowsタスクマネージャ画面でのディスク使用率が高い

[ディスク]列が[ディスク使用率が高い(88〜100%)]で赤でマークされている場合、コンピューターのリソース使用量が最大になっているため、この問題を修正するための修正措置を講じる必要があります。

1.コンピューターを再起動します

Windowsコンピュータで高ディスク使用量を減らす最も簡単な方法は、デバイスを再起動することです。 これにより、コンピューター上のすべてのリソースを使い果たしていた実行中のすべてのプログラムとプロセスが終了します。

これは一時的な解決策ですが、コンピューターの使用や、コンピューターのディスク使用量を減らすための他の手段の実装が容易になります。

2.Skypeがバックグラウンドで実行されないようにする

Skypeがコンピューターにインストールされている場合は、SkypeアプリまたはSkypeデスクトッププログラムがコンピューターで自動的に起動せず、バックグラウンドで実行してリソースを使い果たしていないことを確認する必要があります。

Skypeがバックグラウンドで実行されないようにするには、このガイドを参照してください:Windows10でSkypeがバックグラウンドで実行されないようにする方法

3.ヒント、コツ、提案を無効にする

Windows 10のヒント、コツ、提案を取得する機能は、一部のユーザーによるコンピューターの速度低下にリンクされています。

[設定]>[システム]>[通知とアクション]に移動し、[ヒント、トリック、提案を取得する]オプションを無効にします。

Windowsオプションを使用するときに、ヒント、コツ、提案を取得するを無効にします

コンピュータを再起動すると、以前よりも高速に実行されていることに驚かれるかもしれません。

4.Chromeでウェブページのプリロードを無効にする

Chromeブラウザは高いリソースを使用することが知られており、Google Chromeによる使用量を減らす簡単な方法は、ウェブページのプリロードを無効にすることです。

Chromeブラウザを開き、3つのドットのアイコンをクリックして、ドロップダウンメニューの[設定]を選択します。

Chrome設定を開く

Chrome設定画面で、下にスクロールして Privacy & Security クッキーと他のサイトデータをクリックします。 次の画面で、[ページのプリロード]の横にあるトグルを移動して、ブラウジングと検索をオフの位置にすばやく移動します。

Chromeでウェブページのプリロードを無効にする

5.ファイルエクスプローラーのオプションを変更する

ファイルエクスプローラーを開き、[表示]タブに切り替え、[オプション]タブをクリックして、ドロップダウンメニューで[フォルダーの変更]と[検索オプション]を選択します。

エクスプローラーでフォルダーと検索オプションを変更する

次の画面で、[検索]タブに切り替え、[インデックスを使用しない]、[圧縮ファイルを含める]、[常にファイル名を検索する]オプションのチェックを外します。

ファイルエクスプローラーの検索オプション画面

[OK]をクリックして、この設定をコンピューターに保存します。

6.Windowsサーチを停止します

Windows Searchは、特に検索ループに入ったり、バックグラウンドで常に実行されたりする場合に、多くのシステムリソースを消費する可能性があります。

タスクマネージャーを開き、[Microsoft Windows Searchインデクサー]を展開し、[Windows Search]を右クリックして、[停止]をクリックします。

タスクマネージャでWindowsSearchサービスを停止する

Windows Searchを無効にした後、ディスク使用率が低下している場合は、WindowsSearchを永続的に無効にすることを検討できます。

7.Windowsサーチを無効にします

[スタート]ボタンを右クリックし、[ファイル名を指定して実行]をクリックします。[ファイル名を指定して実行]ウィンドウで、services.mscと入力し、[OK]をクリックします。

Windows10でservices.mscコマンドを実行する

次の画面で、Windows Searchを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

Windowsサーチのプロパティを開く

Windows Searchの[プロパティ]画面で、[スタートアップの種類]を[無効]に設定します。

Windows SearchServiceを無効にする

[適用]と[OK]をクリックして、これらの変更をコンピューターに保存します。

8.SuperFetchサービスを無効にします

Windows SuperFetch Serviceは、コンピューター上の特定のアプリケーションのパフォーマンスを向上させることができますが、ディスク使用率が高いことに関連しており、RAMが4GB以下の古い低価格のコンピューターで問題を引き起こすことが知られています。

[ファイル名を指定して実行]を開き、services.mscと入力して、[OK]をクリックします。

Windows10でservices.mscコマンドを実行する

次の画面で、SuperFetchを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

Windows10でスーパーフェッチプロパティを開く

SuperFetchのプロパティ画面で、[スタートアップの種類]を[無効]に設定します。

Windows10でスーパーフェッチサービスを無効にする

[OK]をクリックして、この設定をコンピューターに保存します。

9.仮想メモリ管理設定を変更します

このPCを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

このPCのプロパティをWindowsPCで開く

次の画面で、[システムの詳細設定]をクリックします。

Windows10の高度なシステム設定オプション

[システムのプロパティ]画面で、[詳細設定]タブに切り替え、下にある[設定]ボタンをクリックします Performance

Windows10の高度なパフォーマンス設定オプション

[パフォーマンスオプション]画面で、[詳細設定]タブに切り替えて、下にある[変更]ボタンをクリックします。 Virtual Memory

Windows10で仮想メモリ設定オプションを変更する

次の画面で、[自動管理]オプションのチェックを外し、[システム管理サイズ]オプションをオンにして、[OK]をクリックします。

WindowsPCの仮想メモリのシステム管理サイズを設定する

上記の変更を実装するには、必ずコンピュータを再起動してください。

10.StorAHCI.sysドライバーでMSIモードを無効にします

SDDドライブを搭載したWindows10 PCで100%のディスク使用率に直面している場合、問題はSSDドライブが入力/出力要求を完了できないようにするファームウェアのバグが原因である可能性があります。

[スタート]ボタンを右クリックし、[デバイスマネージャー]をクリックします。[デバイスマネージャー]画面で、[IDE ATA / ATAPIコントローラー]を展開し、[標準SATA AHCIコントローラー]を右クリックして、[プロパティ]をクリックします。

標準のSATAAHCIコントローラーのプロパティを開く

次の画面で、[ドライバー]タブに切り替えて、[ドライバーの詳細]をクリックします。

SATAAHCIコントローラードライバーの詳細を開く

[ドライバーの詳細]画面にstorachi.sysエントリが表示された場合は、に記載されているレジストリエディターの修正を使用して、ドライバーのMSモードを無効にする必要があります。 Microsoftのサポートページ

11.ウイルスとマルウェアをチェックします

コンピュータにウイルスやマルウェアが存在すると、100%ディスク使用エラーなどのさまざまな問題が発生する可能性があります。

したがって、コンピュータのアンチウイルスプログラムが最新であることを確認してください。 また、無料でご利用ください Microsoft Safety Scanner コンピューターをスキャンしてマルウェアをスキャンし、マルウェアプログラムによって行われた変更を元に戻します。

12.ハードドライブにエラーがないか確認します

[スタート]ボタンを右クリックして、PowerShell管理者または(コマンドプロンプト管理者)オプションを選択します。

WindowsPowerShellを開く

PowerShellウィンドウで、chkdsk.exe / f / rと入力し、コンピューターのキーボードのEnterキーを押します。 次回の再起動時にチェックするボリュームをスケジュールするように求められた場合は、Yと入力します

WindowsPowerShellでchkdskコマンドを実行する

PowerShellウィンドウを閉じ、コンピューターを再起動して、Windowsがハードドライブのエラーをスキャンし、不良セクター(存在する場合)を修復するのを辛抱強く待ちます。

ノート: このプロセスには非常に長い時間がかかる場合があります(5〜12時間以上)。